教育資金の一括贈与

子・孫への教育資金の一括贈与制度が平成25年4月1日より開始されました。 この制度は、祖父母(贈与者)が、子・孫(受贈者)名義で開設された金融機関 の口座に、教育資金を一括して拠出した場合には、子・孫ごとに1,500万円 まで贈与税を非課税とする制度です。 具体的な使い方としては、孫の学校入学時に、入学金や授業料などの教育資金を この口座から払い出すというものです。教育資金の範囲としては、幼稚園や小中 学校、高校、大学などに直接支払う入学金や授業料のほかに、塾や予備校、スポ ーツや習字、英会話、楽器などの習い事の月謝等も対象としており、文部科学大 臣が決定し、学校以外の者に支払われるものは500万円を限度としています。 教育資金かどうかは、金融機関により領収書等でチェックされ、その書類もすべ て保管されます。 この口座は子・孫が30歳に達する日に終了し、口座に残高があればその日にお いて贈与があったものとして贈与税が課税されます。 高齢者の所有するお金を動かして景気を活性化させる手段のひとつとして期待さ れています。

【参考】

祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度等について

 

 

6月に入り、当事務所も少し落ち着いてきましたが、この時期は、総会等が集中 しており、それに付随して懇親会もあり、少しバタバタしております。 HPも少し修正を加えました。しかし、一部見えづらくなってしまった所もあり、 現在修正に向けて検討中です・・・